手弁当(読み)てべんとう

精選版 日本国語大辞典「手弁当」の解説

て‐べんとう ‥ベンタウ【手弁当】

〙 自分で弁当を持って行くこと。また、その弁当。転じて、報酬などをあてにしないで、奉仕的に働くこと。弁。手前弁当。
※随筆・業要集(1817‐18頃か)中「惣札差人数一体に辨当箱出来、より各手辨当に相成

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手弁当」の解説

て‐べんとう〔‐ベンタウ〕【手弁当】

自分で弁当を用意して持っていくこと。また、その弁当。
自費で、あることのために働くこと。「手弁当で選挙の応援をする」
[類語]自弁自前持ち持ち出し自腹を切る身銭を切る懐を痛める

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android