コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持ち モチ

デジタル大辞泉の解説

もち【持ち】

品質や機能が長い間変わらずに続くこと。「値段は高いが持ちがいい」
所有すること。「持ち時間」「物持ちの人」
引き受けること。受け持つこと。負担。「費用は先方持ちだ」
歌合わせ・囲碁将棋などの勝負で、引き分けになること。持(じ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もち【持ち】

〔動詞「持つ」の連用形から〕
品質などが変わらず、長く使えること。 「 -が良い」
負担すること。受けもつこと。 「費用は自分-」
所有すること。 「家-の娘」 「主人-」
碁・将棋・歌合うたあわせで、引き分けになること。持
和船の船首尾の反りのこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

持ちの関連キーワードポジション(Position)オーバーオールポジション円売りキャリートレードショート(Short)円キャリートレード道具持ち・道具持地面持ち・地面持スラットスリードルロング持付けない擬似アーチポジションブラケットクーファン坊主捲りバースト坊主持ち気が若い買い持ち買持米

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

持ちの関連情報