コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持(ち)出し モチダシ

デジタル大辞泉の解説

もち‐だし【持(ち)出し】

持って外へ出ること。「非常持ち出し」「資料の持ち出しを禁ずる」
予定より多くかかった分の費用を自分で負担すること。「出張費用が持ち出しになる」
洋裁で、明きのところが重なるように布を裁ち出したり、別布を付け足したりした部分。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

持(ち)出しの関連キーワードネガティブ・キャンペーンダンダーン・ウイリクエルツ・イスラエルアニオン電着塗装シーボルト事件住宅総合保険政治神学手形交換火災保険山中一揆超過負担交換手形消し幕アーチ盗癖妻梁

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android