自腹を切る(読み)じばらをきる

精選版 日本国語大辞典の解説

じばら【自腹】 を=切(き)る[=痛(いた)める]

自分の金を出して支払う。多くは、あえて自分が費用を出さなくてもよい場合に出すことにいう。
※洒落本・寸南破良意(1775)伴頭株「此節句はどうで、自腹(ジバラ)でも、切らねへけりあ、ならねへと、いふ物んだ」
※人情本・恋の若竹(1833‐39)中「此の進物も皆これ歌吉が、自腹(ジバラ)を痛めての計略にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android