手打胡桃(読み)てうちぐるみ

精選版 日本国語大辞典「手打胡桃」の解説

てうち‐ぐるみ【手打胡桃】

〘名〙 クルミ科の落葉高木。中国原産。長野県や東北地方で多く栽植。高さ二〇メートルにもなり、樹冠は球状。全体にオニグルミに似る。葉の表面はほぼ無毛。果実は球状広楕円形の果で毛はない。核は球形で先がややとがり表面に網状の浅い紋がある。は薄く手で打って割れる。菓子胡桃朝鮮胡桃。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「手打胡桃」の解説

手打胡桃 (テウチグルミ)

学名Juglans regia
植物。クルミ科の落葉高木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android