手持(ち)(読み)テモチ

デジタル大辞泉の解説

て‐もち【手持(ち)】

手に持つこと。また、手で持って構えること。「手持ちのカード」「手持ちでカメラのシャッターを切る」
手もとにあること。現在持っていること。また、そのもの。「外貨の手持ちがない」
手の構え方。
「―はいかほども開きたるがよき」〈筑波問答

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

て‐もち【手持】

〘名〙
① 手に持っていること。手もとにあること。現に所有していること。また、そのもの。特に、今持っている現金。
※雑俳・柳多留‐一五(1780)「手もちが無いでやるまいぞやるまいぞ」
② 手の構え方。手の保ち方。構えた手のかたち。手ぶり。
※筑波問答(1357‐72頃)「人に鞠を教へ給ひしを承りしに、手もちは如何程も開きたるがよきと教へられき」
③ 手を加えて保たせること。扱われて保存される間。
④ 物事の処置の仕方。もちあつかい。また、身の振り方。みもち。
※島津家文書‐天正一一年(1583)二月二〇日・近衛龍山(前久)書状「自然又我等威光も至在之者、佞人共之手持如何と存候哉」
⑤ 気をまぎらわせるためのしわざ、しぐさ。多く、下に打消の語を伴って用いる。→てもちわるいてもちない
※説経節・伍太力菩薩(1704‐16頃)三「小桜〈略〉にげ入ける。さもん大きにどうてんし、手持のなさにそぞろに也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android