手焙り(読み)テアブリ

デジタル大辞泉の解説

て‐あぶり【手×焙り】

手をあぶるのに使う小形の火ばち。 冬》「かの巫女(みこ)の―の手を恋ひわたる/誓子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てあぶり【手焙り】

手をあぶるのに使う小形の火鉢。手炉しゆろ[季] 冬。 《 -に僧の位の紋所 /虚子 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android