湯湯婆(読み)ユタンポ

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐たんぽ【湯婆】

《「たん()」「ぽ()」は唐音》暖房用具の一。金属・陶器製で、中に湯を入れて寝床や足を暖める。たんぽ。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆ‐たんぽ【湯湯婆】

〘名〙 (「たんぽ」に、さらに「湯」を重ねたもの。「たん」「ぽ」は、それぞれ「湯」「婆」の唐宋音) 保温のために温湯を入れる、金属製または陶製の容器。蒲団の中に入れて用いる。《季・冬》
※歌舞伎・水天宮利生深川(筆売幸兵衛)(1885)序幕「それは此節馬喰町の平尾で売る発明の湯(ユ)タンポ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる