コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐炉 カイロ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ろ〔クワイ‐〕【懐炉】

ふところなどに入れて暖をとる器具。金属製の小箱の中に火をつけた懐炉灰を入れて用いるものや、ベンジンを燃料とする白金がある。また、鉄粉などを混合しその化学反応による発熱を利用する使い捨てのものもある。 冬》「三十にして我老いし―かな/子規

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

懐炉【かいろ】

懐中にして暖をとる器具。金属ケース中で木炭粉末を主とした懐炉灰を燃焼させる。大型で寝具に入れ足を暖めるものや,白金石綿に点火,ベンジンを燃焼させる白金炉など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいろ【懐炉】

懐中に入れて暖をとる携帯用暖房具。医学上一種の熱罨法(ねつあんぽう)として腹痛,神経痛などにも利用される。古くは焼石や温石(おんじやく)などが使われていたが,元禄(1688‐1704)初めころ保温力の強いイヌタデやナスの茎などの灰(懐炉灰)に点火し金属性容器に密閉して燃焼させる懐炉が発明された。近代になると懐炉灰は桐灰,麻殻灰,ゴマ殻灰,わら灰,ヨモギ灰などに助燃剤を加えて紙袋に詰めたものに改良された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいろ【懐炉】

懐中に入れ、体を温める器具。もとは懐炉灰またはベンジンなどの燃料に点火して金属製の小箱に入れ密閉して用いた。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

懐炉
かいろ

懐中に入れて暖をとる器具。寒いときに使うほか、医療上では温罨法(おんあんぽう)の一方法として、神経痛や神経性腹痛などのように局所を温める必要がある場合に用いる。懐中に入れて暖をとるものとしては、古くは温石(おんじゃく)といって熱した石(滑石または、ろう石)を布に包んだもの、また、熱く煮たこんにゃくなどが用いられた。その後、懐炉灰や揮発油を用いる箱型懐炉があったが、現在はくふう改良が進められて簡便な使い捨て懐炉が主流になっている。局所に密着するような、薄い平面型で、振る、あるいは揉(も)むことによって発熱するもの、また局所に貼(は)ることによって発熱をおこすものなど、だれでも使いやすく、形状も大小さまざまなものが安価に求められる。医療や介護場面のみでなく、日常生活やレジャー場面でも手軽に多用されている。[山根信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

懐炉の関連キーワード濾・炉・爐・賂・路・露・髏・魯液体空気爆薬ビュスタイトキリ(桐)大島 定吉栃木[市]桐の木炭ほっかり金属粉救急箱アサキリ局所冷腹

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐炉の関連情報