コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炬燵/火燵 コタツ

3件 の用語解説(炬燵/火燵の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐たつ【××燵/×燵】

熱源をやぐらでおおい、その上に布団を掛けて暖をとるもの。切りごたつ掘りごたつ)・置きごたつ電気ごたつなど。 冬》「下戸一人酒に逃げたる―哉/太祇

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典の解説

炬燵

炬燵は、室内全体用の暖房器具が発達し、普及した現在でも、それらと併用される形で、1人暮らしの人から5〜6人の家族まで幅広く使われています。それに は、炬燵の電気代がエアコンや床暖房よりも安く収まることや、直接的温もりの心地よさというものが要因として挙げられるでしょう。

出典|シナジーマーティング(株)
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

こたつ【炬燵/火燵】

炭火や電熱などの熱源を櫓(やぐら)とよばれる木枠で囲み、ふとんをかけて暖をとる日本独特の暖房器具。床の一部を掘り下げた掘りごたつと、ちゃぶ台のように移動可能な置きごたつがあり、現代の一般家庭では後者が主流。ふとんをはずせば普通のローテーブルとして使える家具調こたつや、椅子(いす)に座って使う脚の長いものもある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炬燵/火燵の関連キーワードダイヤグラム行火高櫓矢倉囲い渡り櫓サティヤグラハ出し矢倉船櫓質屋庫カルノーの熱効率

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone