手熨斗(読み)てのし

精選版 日本国語大辞典「手熨斗」の解説

て‐のし【手熨斗】

〘名〙
① 江戸時代の接客あらいの一種主人下位の客に座前配置の結び熨斗を手ずから下賜することをいう。〔随筆貞丈雑記(1784頃)〕
② 手で使う軽便な火熨斗。また、和裁で鏝(こて)や火熨斗を使わないで木綿の幅出しを手で行なうこと。手火熨斗(てびのし)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android