コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手越少将 てごしの しょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

手越少将 てごしの-しょうしょう

?-? 平安後期-鎌倉時代の女性。
駿河(するが)(静岡県)手越宿の遊女。建久4年(1193)源頼朝の富士の裾野の巻き狩りのとき工藤祐経(すけつね),王藤内の宴席によばれ,祐経の愛人となる。祐経が曾我兄弟に討たれたあと,曾我十郎の愛人であった大磯の虎にならって尼となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

手越少将の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android