コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手越宿 てごしのしゅく

百科事典マイペディアの解説

手越宿【てごしのしゅく】

駿河国にあった中世宿駅。手越駅ともいう。現在の静岡県静岡市手越は安倍川右岸にあるが,中世には同川に合流する藁科(わらしな)川の右岸に位置していた。《吾妻鏡治承4年(1180年)10月16日条によれば,源氏追討をめざす平維盛(これもり)の軍勢数万が〈手越駅〉に到着している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てごしのしゅく【手越宿】

駿河国(静岡県)の中世の宿駅。現在,静岡市手越は安倍川右岸に位置するが,中世には藁科川右岸にあり,すでに平安時代末期には駿河国府への渡頭集落として栄えていた。《吾妻鏡》によれば,1180年(治承4)に源氏追討をめざす平家軍が手越駅に到着しており,また89年(文治5)には手越平太家綱というものが,戦功によって源頼朝から麻利子(丸子)を賜り,駅家の建設を許されている。以後,《海道記》の手越の宿をはじめ,中世を通じて紀行文などにその名がみえる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

手越宿の関連キーワード新田義貞手越少将北条時行足利直義千手前高師泰東海道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android