コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手越宿 てごしのしゅく

2件 の用語解説(手越宿の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

手越宿【てごしのしゅく】

駿河国にあった中世の宿駅。手越駅ともいう。現在の静岡県静岡市手越は安倍川の右岸にあるが,中世には同川に合流する藁科(わらしな)川の右岸に位置していた。《吾妻鏡》治承4年(1180年)10月16日条によれば,源氏追討をめざす平維盛(これもり)の軍勢数万が〈手越駅〉に到着している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てごしのしゅく【手越宿】

駿河国(静岡県)の中世の宿駅。現在,静岡市手越は安倍川右岸に位置するが,中世には藁科川右岸にあり,すでに平安時代末期には駿河国府への渡頭集落として栄えていた。《吾妻鏡》によれば,1180年(治承4)に源氏追討をめざす平家軍が手越駅に到着しており,また89年(文治5)には手越平太家綱というものが,戦功によって源頼朝から麻利子(丸子)を賜り,駅家の建設を許されている。以後,《海道記》の手越の宿をはじめ,中世を通じて紀行文などにその名がみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

手越宿の関連キーワード静岡県静岡平野白須賀日坂二川由比静岡県立大学駿河染め飯江尻

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone