コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種子骨 しゅしこつsesamoid bone

3件 の用語解説(種子骨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種子骨
しゅしこつ
sesamoid bone

靭帯または腱の中に発生する類円形の小骨。形が植物の種子に似ているのでこの名がある。摩擦に抵抗するために生じる。手足の指の骨に付随してみられることが多い。膝蓋骨や手の豆状骨もこの種子骨に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅしこつ【種子骨 sesamoid bone】

手や足の関節の付近の靱帯(じんたい)や腱の中にみられるアサガオの種のような形の小さい骨。一見余分な構造に見えるが,隣接の骨と関節を営み,滑車のような役目をし,腱や靱帯の方向を変えるとともに,これらが骨の面から脱臼するのを防いでいる。人体では,手のひらに5個,足の裏に2~5個の種子骨がある。膝蓋骨(しつがいこつ)はクリの実よりも大きいが,これも大腿四頭筋の腱の中に発達した一種の種子骨である。種子骨をもっているのはヒトだけでなく,膝蓋骨は哺乳類と鳥類が一般にもっているし,ネズミ類では多数ある尾椎の関節ごとに1対の種子骨が備わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種子骨
しゅしこつ

特定の腱(けん)の中や腱と癒着している関節包の中に包埋された卵円形の小骨片をいい、その大部分が線維性軟骨からできている場合もある。胎児では、成人と比較すると種子骨の数がかなり多いという。種子骨は、骨の表面を移動する腱の摩擦に抵抗して発生したものである。
 上肢における正常な種子骨は手掌面にだけ出現する。母指の中手指節関節(基節骨と第1中手骨との間)の両側の2個の種子骨はつねに存在し、エンドウ豆大の小骨である。そのほか、母指の基節骨と末節骨との間や示指(人差し指)の遠位(手先側)指節間関節にもみられる。下肢で最大の種子骨は膝蓋(しつがい)骨である。これは体のなかでも最大の種子骨である。足では、母指の中足指節関節や他の指の同じ部位に認められることもある。また、関節から離れた部位で、腱内に存在する場合もある。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

種子骨の関連情報