打(ち)賃(読み)ウチチン

デジタル大辞泉の解説

うち‐ちん【打(ち)賃】

絹などの布を打って柔らかくする仕事の工賃。
両替する際に、両替屋に払う手数料。切り賃。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ちん【打賃】

〘名〙
① 絹などの布をって柔らかくする時の工賃。
※高野山文書‐文安六年(1449)六月日・高野山天野舞童装束注文「一弐百五十文 同面之紺之染賃、一 廿文 同張ちん打ちん共」
② 両替の際、両替屋に支払う手数料。打銭切賃
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)七「兌銭(だせん)を俗にはきりちんと云切賃也。或はうちちんと云。打賃也」
分銅座で分銅改めのときに徴収する量目査定料および極印料。
※御触書寛保集成‐三二・寛文五年(1665)三月「覚〈略〉極印うたせ、此定之通打賃出之、用つかふべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android