コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承澄 しょうちょう

2件 の用語解説(承澄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承澄 しょうちょう

1205-1282 鎌倉時代の僧,画家。
元久2年生まれ。藤原師家(もろいえ)の子。忠快,覚審に師事して天台密教をおさめる。京都の法菩提(ほうぼだい)院の住持をつとめ,小川僧正とよばれた。絵画にすぐれ,画法は覚猷(かくゆう)(鳥羽僧正)ににるといわれた。弘安(こうあん)5年10月22日死去。78歳。号は極楽房。著作に「阿娑縛抄(あさばしょう)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

承澄

没年:弘安5.10.22(1282.11.23)
生年:元久2(1205)
鎌倉中期の天台密教の僧。事相(密教修法)の大著『阿娑縛抄』の大成者。字は極楽房。世に小川僧正とも呼ばれた。藤原師家の子。西林院承円のもとで8歳のとき得度し,次いで覚審や忠快に師事して台密を修学した。兄(叔父)の尊澄と共に,超人的な博覧強記を武器に,諸流派の事相を次々に渉猟しては記録し,得意の絵筆をふるって230巻以上にもおよぶ『阿娑縛抄』を大成した。作業は最晩年まで続いたが,かすむ老眼をこすりつつ筆を馳せると自ら書き残している。<参考文献>切畑健「阿娑縛抄 その成立と撰者承澄」(『仏教芸術』70号)

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の承澄の言及

【阿娑縛抄】より

…鎌倉中期の仏教書。比叡山の僧極楽房承澄の編。228巻。…

※「承澄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

承澄の関連キーワード寛朝顕教事相台密御修法安慶真言止観谷流秘密教兼意

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone