コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承覚法親王 しょうかくほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

承覚法親王 しょうかくほうしんのう

1294-? 鎌倉時代,後宇多天皇の第4皇子。
永仁(えいにん)2年生まれ。母は藤原忠子(談天門院)。乾元(けんげん)元年三千院門跡(もんぜき)となり,延暦(えんりゃく)寺の範胤(はんいん)にまなぶ。正中(しょうちゅう)2年天台座主(ざす)。寿量院宮,西林院宮,北白川宮,入江宮とよばれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android