コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石室善玖 セキシツゼンキュウ

3件 の用語解説(石室善玖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきしつ‐ぜんきゅう〔‐ゼンキウ〕【石室善玖】

[1294~1389]室町初期の臨済宗の僧。筑前の人。元に渡って古林清茂(くりんせいむ)に学び、帰朝後、天竜寺円覚寺建長寺などを歴住。五山文学興隆の基礎を築いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石室善玖 せきしつ-ぜんきゅう

1294-1389 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。文保(ぶんぽ)2年元(げん)(中国)にわたり,古林清茂(くりん-せいむ)の法をつぐ。帰国後,京都天竜寺,鎌倉円覚寺,建長寺の住持をつとめ,永和元=天授元年武蔵(むさし)岩槻(いわつき)(埼玉県)の平林寺の開山(かいさん)となる。康応元=元中6年9月25日死去。96歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。法名は「ぜんく」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石室善玖

没年:康応1/元中6.9.25(1389.10.14)
生年:永仁1(1293)
鎌倉後期・南北朝期の臨済宗の五山禅僧。筑前(福岡県)姪ノ浜の人。文保2(1318)年に入元し,金陵(南京)保寧寺の古林清茂の法を嗣ぐ。8年後,清拙正澄に同伴して帰国,筑前の顕孝寺,聖福寺,さらに京都の万寿寺,天竜寺などを歴住した。その後,鎌倉円覚寺,建長寺に住し,武蔵(埼玉県)岩築の平林寺の開山となった。『石室玖禅師語録』があり,また偈頌(禅僧の漢詩)に優れ日本の五山文学に影響を与えた。<参考文献>玉村竹二『五山禅僧伝記集成』

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

石室善玖の関連キーワード忽必烈忽必烈・忽比烈ウルバヌス巨勢行忠カルマル同盟ウルバヌス元中康応嘉慶康応

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone