コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北白川宮 きたしらかわのみや

4件 の用語解説(北白川宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北白川宮
きたしらかわのみや

旧宮家の一つ。伏見宮邦家親王の王子智成 (ともなり) 親王が明治3 (1870) 年,一家を興し,この称を授けられ,以後能久親王,成久王,永久王によって受継がれた。 1947年皇族の身分を離れ,北白川家となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きたしらかわ‐の‐みや〔きたしらかは‐〕【北白川宮】

宮家の一。明治3年(1870)伏見宮智成(さとなり)親王が一家を興したのに始まる。昭和22年(1947)廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

北白川宮【きたしらかわのみや】

1870年創設の宮家。初代は伏見宮邦家(くにいえ)親王の第13男子智成親王。能久親王,成久王,永久王の順で継承され,1947年第1回皇室会議の決定で他の宮家とともに皇族を離脱。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の北白川宮の言及

【宮家】より

…皇族諸家をいう。令制の皇親制度も中世に至ってまったく衰微し,皇子以下の一家を立て,これを維持することもまれとなった。この間にあって宮家として存立し,皇親の身分を相承したのは,いわゆる世襲親王家である。その初例は鎌倉中期,亀山天皇の皇子恒明親王を始祖とする常磐井(ときわい)宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。これに次ぐのは後二条天皇の皇子邦良親王に始まる木寺宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。…

【能久親王】より

…北白川宮第2代。伏見宮邦家親王の王子で,初め輪王寺宮門跡となり,法名を公現と称した。…

※「北白川宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone