談天門院(読み)だんてんもんいん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

談天門院 だんてんもんいん

1268-1319 鎌倉時代,後宇多天皇の妃。
文永5年生まれ。参議五辻忠継の娘。正応(しょうおう)元年尊治(たかはる)親王(後醍醐(ごだいご)天皇)を生む。正安(しょうあん)3年准三宮(じゅさんぐう)となる。嘉元(かげん)元年出家し,文保(ぶんぽ)2年院号をうけた。元応元年11月15日死去。52歳。名は忠子。法名は蓮華智。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

談天門院

没年:元応1.11.15(1319.12.27)
生年文永5(1268)
鎌倉後期の女院。もと後宇多天皇の女房で,天皇との間に後醍醐天皇を生む。参議五辻忠継の娘。名は忠子。亀山法皇にも仕えた。正安3(1301)年准后,文保2(1318)年院号宣下。

(秋山喜代子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android