放胆(読み)ほうたん

精選版 日本国語大辞典 「放胆」の意味・読み・例文・類語

ほう‐たん ハウ‥【放胆】

〘名〙 (形動) 性行が、思いきりよく大胆なこと。また、そのさま。
※授業編(1783)六「此の文は小心に書くへし、放胆にて書くべし」 〔福恵全書‐刑名部・賊盗上・審盗〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「放胆」の意味・読み・例文・類語

ほう‐たん〔ハウ‐〕【放胆】

[名・形動]きわめて大胆であること。また、そのさま。「放胆行動」「放胆離れ業
[派生]ほうたんさ[名]
[類語]大胆不敵豪胆豪放剛直不屈剛毅剛健堅固確固強固強靭タフ不退転不撓ふとう不屈堅忍不抜剛毅大胆不敵豪快磊落らいらく肝が据わる肝っ玉が据わる・腹が据わる度胸が据わる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android