コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放胆 ホウタン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐たん〔ハウ‐〕【放胆】

[名・形動]きわめて大胆であること。また、そのさま。「放胆な行動」「放胆な離れ業」
[派生]ほうたんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうたん【放胆】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
あれこれと迷わずに思い切りよく大胆に事をなす・こと(さま)。 「 -な男」 「 -に振る舞う」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

放胆の関連キーワード俸・倣・包・呆・堡・報・奉・宝・寶・封・峰・崩・幇・庖・彷・抛・抱・捧・放・方・朋・法・泡・烹・烽・疱・砲・硼・縫・胞・芳・萌・蓬・蜂・袍・褒・襃・訪・豊・豐・逢・邦・鋒・飽・鳳・鵬ウィリアム[2世]鶴沢道八(1世)岡田米山人富岡鉄斎こがね虫文章軌範小心文派生

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android