コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技術経営(MOT) ギジュツケイエイ

人事労務用語辞典の解説

技術経営(MOT)

技術経営」(MOT:Management of Technology)とは、技術力をコアコンピタンスとする企業・組織が、その事業の持続的発展のために研究開発や技術開発の成果を事業化に結びつけ、新たな経済的価値を創出していくマネジメントのこと。あるいはそれを推進する学問的研究や教育プログラムなどを指します。技術を経営資源として戦略的・効率的に活用するためには、テクノロジーとマネジメントの双方に精通した人材が必要であり、こうした技術経営(以下、MOT)人材の育成が、わが国の産業界においても喫緊の課題として浮上しています。
(2010/12/6掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

技術経営(MOT)の関連キーワード産業技術フェローシップ事業(技術者養成事業)日本工業大学(にっぽんこうぎょうだいがく)マネージメントオブテクノロジー垂直的マーケティング・システムテクノロジーマネージメント美祢社会復帰促進センター工場長責任制[中国]ビジネス・スクールインキュベーター長岡技術科学大学中国の外資政策生産要素賦存農業協同組合専門職大学院東京農工大学東京理科大学改革・開放営農指導員改良普及員相互保険

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android