コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技術経営(MOT) ギジュツケイエイ

人事労務用語辞典の解説

技術経営(MOT)

技術経営」(MOT:Management of Technology)とは、技術力をコアコンピタンスとする企業・組織が、その事業の持続的発展のために研究開発や技術開発の成果を事業化に結びつけ、新たな経済的価値を創出していくマネジメントのこと。あるいはそれを推進する学問的研究や教育プログラムなどを指します。技術を経営資源として戦略的・効率的に活用するためには、テクノロジーとマネジメントの双方に精通した人材が必要であり、こうした技術経営(以下、MOT)人材の育成が、わが国の産業界においても喫緊の課題として浮上しています。
(2010/12/6掲載)

出典|『日本の人事部』人事労務用語辞典について | 情報

技術経営(MOT)の関連キーワード産業技術フェローシップ事業(技術者養成事業)日本工業大学(にっぽんこうぎょうだいがく)垂直的マーケティング・システムマネージメントオブテクノロジーテクノロジーマネージメント工場長責任制[中国]ビジネス・スクール長岡技術科学大学インキュベーター中国の外資政策東京理科大学専門職大学院東京農工大学農業協同組合生産要素賦存改良普及員改革・開放営農指導員相互保険山口大学

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

技術経営(MOT)の関連情報