コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗うつ薬中毒 こううつやくちゅうどく Antidepressant Poisoning

1件 の用語解説(抗うつ薬中毒の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こううつやくちゅうどく【抗うつ薬中毒 Antidepressant Poisoning】

[どんな病気か]
 うつ病気分障害(「気分障害(躁うつ病)」))の治療薬である抗うつ薬は、神経のはたらきを活発にする物質(アドレナリンセロトニン)の量を増やし、精神活動を盛んにする作用があります。
 長期間服用することが多いため、家庭内に大量の薬がたまり、自殺目的で服用されたり、子どもがお菓子とまちがえて食べたりします。
[症状]
 抗うつ薬の中毒では、けいれん、昏睡(こんすい)などの中枢神経(ちゅうすうしんけい)症状と、頻脈(ひんみゃく)、心臓の伝導障害、心室性不整脈(しんしつせいふせいみゃく)、低血圧などの循環器系の症状が中心です。
 そのほか、胃腸の蠕動抑制(ぜんどうよくせい)、瞳孔拡大(どうこうかくだい)、嘔吐(おうと)、発熱か体温低下、代謝性アシドーシスなどもおこります。
[治療]
 胃内に長時間、薬がとどまっているので、事故から12時間ぐらいたっていても、初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄を行ないます。
 心臓の伝導障害があれば、フェニトインを注射します。それでも心室性不整脈が残れば、リドカインなどを注射します。けいれんがおこれば、ジアゼパムを注射します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

抗うつ薬中毒の関連キーワード産後うつ病うつ病気分障害何心地不死身気鬱症月経前不快気分障害躁鬱病抗うつ薬新型うつ病

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone