コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗うつ薬中毒 こううつやくちゅうどくAntidepressant Poisoning

家庭医学館の解説

こううつやくちゅうどく【抗うつ薬中毒 Antidepressant Poisoning】

[どんな病気か]
 うつ病(気分障害(「気分障害(躁うつ病)」))の治療薬である抗うつ薬は、神経のはたらきを活発にする物質(アドレナリンやセロトニン)の量を増やし、精神活動を盛んにする作用があります。
 長期間服用することが多いため、家庭内に大量の薬がたまり、自殺目的で服用されたり、子どもがお菓子とまちがえて食べたりします。
[症状]
 抗うつ薬の中毒では、けいれん、昏睡(こんすい)などの中枢神経(ちゅうすうしんけい)症状と、頻脈(ひんみゃく)、心臓の伝導障害、心室性不整脈(しんしつせいふせいみゃく)、低血圧などの循環器系の症状が中心です。
 そのほか、胃腸の蠕動抑制(ぜんどうよくせい)、瞳孔拡大(どうこうかくだい)、嘔吐(おうと)、発熱か体温低下、代謝性アシドーシスなどもおこります。
[治療]
 胃内に長時間、薬がとどまっているので、事故から12時間ぐらいたっていても、初期治療(「医師が行なう中毒の初期治療」)の胃洗浄を行ないます。
 心臓の伝導障害があれば、フェニトインを注射します。それでも心室性不整脈が残れば、リドカインなどを注射します。けいれんがおこれば、ジアゼパムを注射します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

抗うつ薬中毒の関連キーワード薬物乱用による心の病気(薬物依存)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android