コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗凝固療法と納豆 こうぎょうこりょうほうとなっとう

1件 の用語解説(抗凝固療法と納豆の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こうぎょうこりょうほうとなっとう【抗凝固療法と納豆】

 血管内や心臓内で不必要に血液が凝固してしまうことを防ぐために、抗凝固療法という治療がしばしば行なわれます。その目的のために使用される薬剤は何種類もありますが、内服により治療できるのはワルファリンカリウム(商品名ワーファリン)です。
 血液が凝固するのは、血液中の何種類もの凝固因子というたんぱくのはたらきによります。この凝固因子の多くは肝臓でつくられますが、いくつかのものはその際にビタミンKの助けを必要とします。ワーファリンは、このビタミンKのはたらきを弱めることにより、そうしたたんぱくの合成を阻害して、最終的に血液凝固を抑制します。
 ワーファリンによる抗凝固療法を受けている患者さんは、豊富なビタミンKを含む食品の摂取に注意が必要です。
 そのなかでも、納豆はビタミンKがとくに多い食品です。大豆(だいず)そのものにはわずかしか存在しないので、豆腐(とうふ)などにはそれほど含まれていません。納豆には、納豆を発酵させる納豆菌が付着していますが、この菌が腸管内でビタミンKを豊富に産生するのです。たとえていえば納豆は、ビタミンKの工場のようなものです。
 したがって、納豆を食べると、とくに多くのビタミンKを摂取したことになります。納豆の大好きな人には、申しわけありませんが、ワーファリン治療中は摂取を控えるのが望ましいのです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

抗凝固療法と納豆の関連キーワード凝固熱血栓抗凝固剤閉鎖血管系最低血圧凝血時間凝固時間凝固タンパク質出血性素因線(繊)維素溶解

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone