折り入る(読み)オリイル

デジタル大辞泉の解説

おり‐い・る〔をり‐〕【折り入る】

[動ラ四]特別に心を込めて行う。→折り入って
「ちと―・りまして御相談申したい義がござりまして」〈滑・八笑人・四〉
[動ラ下二]特定の言葉や事柄を歌などに詠み込む。
「萩の花を―・れ、当座によむ歌の事でござる」〈虎寛狂・萩大名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おりいる【折り入る】

( 動四 )
深く心をこめる。 「ちと-・りまして御相談申したい義がございまして/滑稽本・八笑人」 → おりいって
( 動下二 )
あらかじめ定めた言葉を歌などに詠み込む。 「二年を-・れて、歌を一首づつ御年貢によそへて申あげい/狂言・餅酒」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android