折返し(読み)オリカエシ

デジタル大辞泉 「折返し」の意味・読み・例文・類語

おり‐かえし〔をりかへし〕【折(り)返し】

[名]
着物などを折って二重にすること。また、その部分や折り目。「ズボン折り返し
ある地点から引き返すこと。また、その地点。折り返し点。
全体中間を過ぎること。前半が終わり、後半になること。「リーグ戦折り返し時期を迎える」
詩歌の、末尾語句の繰り返し。リフレーンルフラン
[副]手紙・問いかけなどに対し、間を置かず対応するさま。また、着いてすぐ帰っていくさま。すぐさま。ただちに。「折り返し電話します」「折り返し帰路につく」
[類語]2引き返す帰る戻る折り返す取って返すきびすを返すとんぼ返りターンユーターン回れ右即刻即座即時即席即製同時言下直後直ちに早速すぐすぐさまとっさに俄かすかさず立ちどころにたちまち途端右から左瞬く間あっという間時を移さず間髪をれずリアルタイム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「折返し」の意味・読み・例文・類語

おり‐かえしをりかへし【折返】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 和服や洋服などで、折って二重にした部分。
    1. [初出の実例]「帷子(かたひら)のおりかへし、袖すそのおりかへし、よからぬ業なり」(出典:評判記・色道大鏡(1678)二)
  3. 詩や歌で、各節の末尾に同じ語句を繰り返して用いること。また、その語句。リフレイン
    1. [初出の実例]「僕も最初の抑揚の浅いあの折返しの部分しか覚えて居ないので〈略〉そこだけしか弾けないのだが」(出典:放浪時代(1928)〈龍胆寺雄〉一)
  4. ある所まで行って、来た方向にひき返すこと。また、その地点。
    1. [初出の実例]「ちと宿に叶はぬ用事を失念して来たれば、折返しに急に帰りて来るべし」(出典:浮世草子・風流曲三味線(1706)六)
  5. ( 副詞的にも用いる ) 手紙などで、すぐ返事をするさま。
    1. [初出の実例]「それが折返しの今日の絶望的な細君の葉書だった」(出典:湖畔手記(1924)〈葛西善蔵〉)
  6. 平面上の図形をその平面上の直線に関して線対称移動すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の折返しの言及

【合同変換】より

…平面上の各点をその平面上の点にうつす写像によって,任意の2点間の距離が不変に保たれるとき,この写像を合同変換,または運動という。平面上の各点を一定の方向に一定の距離だけずらせた点にうつす平行移動(図1),平面上の各点を一定点のまわりに一定角だけ回転した点にうつす回転移動(図2),平面上の各点を一定直線に関して対称な点にうつす折返し(対称移動)(図3)はいずれも平面上の合同変換である。平面上の合同変換によって平面はそれ自身の上に1対1にうつり,図形は位置を変えるだけでその形や大きさを変えない。…

※「折返し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android