折(り)形(読み)オリカタ

デジタル大辞泉の解説

おり‐かた〔をり‐〕【折(り)形】

目録または進物を包む紙の折り方。
赤飯を他家へ配るときのごま塩など、薬味類を入れて小さく折った紙包み。
紙を折っていろいろな物の形を作ること。折り紙細工

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の折(り)形の言及

【折紙】より

…〈折紙〉は本来,古文書の料紙の形状をさし,また後述のように贈物の包み方の意も含んでいる。江戸時代には造形遊びの方を折居(おりすえ),折形(おりかた)といった言葉で呼んでいたようである。これが明治のころからは畳紙(たたみがみ),摺紙(たたみがみ),折りもの,折紙細工などとなり,やがて今日の折紙となる。…

※「折(り)形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android