コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越路 こしじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越路
こしじ

新潟県中部,新潟平野の南西端にある長岡市西部の旧町域。 1955年来迎寺村,塚山村,岩塚村,石津村の4村が合体して町制。 1957年千谷沢村の一部を編入。 2005年長岡市に編入。信濃川の支流渋海 (しぶみ) 川流域にあり,この付近は早くから人が住んでいたと考えられ,百塚をはじめ古塚が多く,越路原段丘面には朝日長者の縄文末期の遺跡があった。戦国時代上杉氏の所領で,その後長岡藩領となった。良質の越後米と清酒の産地として有名。古くから越後杜氏の代表的出身地の一つでもある。中心集落の来迎寺では米菓,スポーツ用品が製造される。 1966年から渋海川の水をポンプで揚水,農場の大型機械化がはかられている。宝徳山稲荷大社は全国的な講中組織をもち,参拝者が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こし‐じ〔‐ぢ〕【越路】

北陸道古称越の国へ行く道。
「恐(かしこ)みと告(の)らずありしをみ―の手向(たむけ)に立ちて妹(いも)が名告りつ」〈・三七三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こしじ【越路】

北陸道の古名。また、越の国へ行く道。⦅歌枕⦆ 「しなざかる-をさして延ふつたの別れにしより/万葉集 4220

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越路
こしじ

新潟県中部、三島(さんとう)郡にあった旧町名(越路町(まち))。現在は長岡(ながおか)市の中央部の一区域。渋海(しぶみ)川の谷口に置する農山村。1955年(昭和30)塚山(つかやま)、岩塚(いわつか)、来迎寺(らいこうじ)、石津の4村が合併して町制施行。2005年(平成17)長岡市に編入。地名は旧郷名の西古志(にしこし)にちなむ。旧町域の中心の来迎寺は旧長岡市の郊村として住宅団地、工場の進出が目覚ましく、JR信越本線、国道351号、404号も通り、バス交通の要衝でもある。谷口諸村は豪雪で有名で、古くから山東杜氏(さんとうとうじ)の出身地として知られ、越後(えちご)の銘酒「朝日山」の名産地でもある。背後の段丘面は古い浜通りの街道筋で、朝日百塚の遺跡も残る。現在は、南長岡ガス田の越路原プラントが完成し、全県に天然ガスを供給している。枡形(ますがた)城跡や墓間(はかま)温泉、宝徳稲荷(ほうとくいなり)などの名所旧跡も多く、米菓をはじめ、バドミントンやテニスのラケットなど、スポーツ用品の生産で知られる。[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

越路の関連キーワード竹本 長尾太夫(2代目)竹本 越路太夫(3代目)竹本 むら太夫(8代目)竹本 南部太夫(3代目)竹本 源太夫(7代目)豊竹 湊太夫(7代目)豊竹古靱太夫(初代)ラスト・ダンスは私に竹本越路太夫(3世)アトミックのおぼん野沢吉兵衛(3代)サン・トワ・マミー野沢吉兵衛(6代)竹本住太夫(6代)野沢吉兵衛(3世)マーティ グロス豊沢広助(5代)竹本 越登太夫足にさわった女竹本 叶美太夫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越路の関連情報