コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折田要蔵 おりた ようぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

折田要蔵 おりた-ようぞう

1825-1897 幕末の武士。
文政8年7月7日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。昌平黌(しょうへいこう)にはいり,また箕作阮甫(みつくり-げんぽ)に蘭学をまなぶ。文久3年の薩英戦争で砲台築造,大砲鋳造の主事となった。明治6年兵庫県の湊川神社初代宮司(ぐうじ)。明治30年11月5日死去。73歳。名は年秀(としひで)。別名に三国屋要七。号は五峰

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

折田要蔵の関連キーワード産業革命史(年表)オールコック国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロランアレクサンドル

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android