コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折田要蔵 おりた ようぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

折田要蔵 おりた-ようぞう

1825-1897 幕末の武士。
文政8年7月7日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。昌平黌(しょうへいこう)にはいり,また箕作阮甫(みつくり-げんぽ)に蘭学をまなぶ。文久3年の薩英戦争で砲台築造,大砲鋳造の主事となった。明治6年兵庫県の湊川神社初代宮司(ぐうじ)。明治30年11月5日死去。73歳。名は年秀(としひで)。別名に三国屋要七。号は五峰

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

折田要蔵の関連キーワード産業革命史(年表)オールコック国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロランアレクサンドル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android