コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折笠美秋 おりがさ びしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

折笠美秋 おりがさ-びしゅう

1934-1990 昭和時代後期の俳人。
昭和9年12月23日生まれ。「東京新聞」記者。高柳重信門下。早大俳句会をへて昭和32年「俳句評論」創刊同人。のち「騎」創刊に参加。俳句評論賞,現代俳句協会賞を受賞した。平成2年3月17日死去。55歳。神奈川県出身。早大卒。本名は美昭。句集に「君なら蝶に」「火伝書」など。
【格言など】微笑(ほほえみ)が妻の慟哭(どうこく)雪しんしん(「君なら蝶に」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

折笠美秋の関連キーワード12月23日

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android