コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慟哭 ドウコク

デジタル大辞泉の解説

どう‐こく【××哭】

[名](スル)悲しみのあまり、声をあげて泣くこと。「訃報に接して慟哭する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

慟哭

1952年公開の日本映画。監督・出演:佐分利信、脚本:猪俣勝人。出演:木暮実千代、阿部寿美子、三橋達也、南寿美子、丹阿弥谷津子、千田是也ほか。第7回毎日映画コンクール男優主演賞(佐分利信)受賞。

慟哭(どうこく)

日本のポピュラー音楽。歌は女性歌手、工藤静香。1993年発売。作詞:中島みゆき、作曲:後藤次利。フジテレビ系で放送のドラマ「あの日に帰りたい」の主題歌

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうこく【慟哭】

( 名 ) スル
悲しみのために、声をあげて激しく泣くこと。哭慟。 「友の死に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

慟哭の関連キーワード穀・黑・克・刻・剋・告・哭・国・國・梏・石・穀・谷・酷・鵠・黒或る「小倉日記」伝吉田岩窟王事件嬢景清八島日記花柳 徳兵衛コハノフスキアフリカ映画花柳徳兵衛房内 幸成ムチャーリ佐分利 信石田飛雄馬俊寛(能)大平 数子西田幾多郎高田 三郎鹿野優志北原白秋日本舞踊軍記物語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

慟哭の関連情報