コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抛入花伝書 なげいればなでんしょ

世界大百科事典 第2版の解説

なげいればなでんしょ【抛入花伝書】

いけばなのなかの抛入の啓蒙書。1684年(貞享1)刊。3巻本で,各巻ともはじめに目次がついている。著者十一屋太右衛門(じゆういちやたえもん)というもあるが確証なはく,ただ立花師ということはたしかである。上巻は抛入花の起源と特色について述べる。抛入花は茶の湯の花から始まったという説と立花(りつか)を簡略にしたものという二つの説があるが,立花師である著者は後者の説をとっている。中巻は花入と抛入花との関係,下巻は花の水揚げ法を中心に,花名をあげて説明してあり,さながら花材辞典のような記述がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の抛入花伝書の言及

【抛入】より

…一方,明治以降から流行した〈投入花〉は,〈盛花(もりばな)〉とともに近代いけばなの新解釈によって形式化した花形(かぎよう)である。 〈抛入花〉の名称が初めて用いられたのは,《抛入花伝書》である。1624年(寛永1)ころから流行した立花(りつか)にかわる隆盛をもたらし,それとともに新興流派の勃興をみるにいたった。…

※「抛入花伝書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抛入花伝書の関連キーワードムラサキシキブセンリョウタンポポ元禄文化いけばな投入れタデ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android