沈滞(読み)チンタイ

デジタル大辞泉の解説

ちん‐たい【沈滞】

[名](スル)
いつまでも一つ所にとどこおっていること。
活気がなく、進歩・発展の動きがみられないこと。意気が上がらずに停滞していること。「景気が沈滞している」「沈滞ムードが漂う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちんたい【沈滞】

( 名 ) スル
一つところにとどこおって動かないこと。
活気がなく、積極的な動きのみられないこと。 「全体に-した雰囲気だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちん‐たい【沈滞】

〘名〙
① いつまでも一つ所にとどこおっていること。〔塵芥(1510‐50頃)〕
※珊瑚集(1913)〈永井荷風訳〉池「沈の濁水を突如として打つ時は」 〔国語‐周語下〕
② 活気がなく、進歩、発展する動きが見られないこと。意気が上がらないこと。
※一高寮歌・アムール川の流血や(1901)〈塩田環〉「桜の匂ひ衰へて 皮相の風の吹きすさび 清き流を汚しつつ 沈滞ここに幾春秋」 〔後漢書‐袁安伝〕
③ 長く下位にあって昇進しないこと。
※扶桑集(995‐999頃)七「橘才子重見寄、初二篇歎余之沈滞、後一章褒余之詩章」 〔論衡‐状留〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沈滞の関連情報