コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜(き)出 ヌキデ

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐で【抜(き)出】

平安時代、相撲(すまい)の節(せち)の翌日、前日特に成績のよかった者を選抜してさらに取組をさせたこと。また、それに選ばれた者。抜き取り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばっしゅつ【抜出】

( 名 ) スル
抜け出ていること。抜群。 「其中に於て最も卓越-し/新聞雑誌 45

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抜(き)出の関連キーワード伊達 正男別所 毅彦平安時代貫き入るペロッグすまい相撲音義金打段物

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android