コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜毛症(トリコチロマニア) ばつもうしょうとりこちろまにあTrichotillomania

家庭医学館の解説

ばつもうしょうとりこちろまにあ【抜毛症(トリコチロマニア) Trichotillomania】

[どんな病気か]
 からだの毛をくり返し抜き、その部分の体毛の喪失が目立っているものです。
 頭髪を抜くことがほとんどですが、ときに、まつげや眉毛(まゆげ)、腋毛(えきもう)、恥毛(ちもう)を抜くこともあります。抜毛症は、学童期から思春期にかけてみられ、女児に多くみられます。
[原因]
 心理的、性格的要因に基づくものです。不安・緊張による一時的な反応であることもありますし、その子どもをとりまく環境における心理的葛藤(かっとう)(たとえば家庭内での葛藤)による攻撃的な気持ちを表わす行為であることもあります。
[治療]
 その子どもをとりまく環境をよく理解したうえで、攻撃性の発散や気持ちのコントロールのしかたをうまくできるように支援します。症状が長引くようなときには、遊戯療法(ゆうぎりょうほう)を含む心理療法、家族療法などが行なわれます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android