コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜(き)糸 ヌキイト

デジタル大辞泉の解説

ぬき‐いと【抜(き)糸】

縫い物をほどくとき抜き取った

ばっ‐し【抜糸】

[名](スル)手術した切り口が癒着したあと、そこを縫い合わせていた糸を抜き取ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばっし【抜糸】

( 名 ) スル
手術の切り口が癒着したあと、縫合に使った糸を抜き取ること。 「一〇日後に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

抜(き)糸の関連キーワード虫垂炎(虫垂突起炎)/盲腸炎コロジオン形成手術中国菓子ナガイモ北京料理胃がん

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android