コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窮理通 キュウリツウ

デジタル大辞泉の解説

きゅうりつう【窮理通】

江戸後期の物理学書。8巻。帆足万里(ほあしばんり)著。天保7年(1836)成立、安政3年(1856)一部刊。西洋の物理学書を参考に、暦法・地球・引力・大気・生物などを論じたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうりつう【窮理通】

豊後日出(ひじ)の儒者帆足万里が1836年(天保7)完成した西欧物理学の体系的な紹介書。8巻。J.J.L.deラランドの《天文志》,ミュッセンブルークの《窮理書》その他10余種の原書をもとに暦術,太陽系,地球,引力,生物類の広範囲にわたる学説を網羅し,かつ批判する。同じ豊後で半世紀前に〈条理学〉をとなえた三浦梅園の説が高遠にすぎるので,万里は具体的に〈物に則して理の現れる〉学をめざした。そのモデルを洋学に見いだし,蘭書読解の苦心を経て完成したのが本書である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きゅうりつう【窮理通】

物理学書。八巻。帆足ほあし万里著。1836年成稿。全文出版は1926年(大正15)。近世西洋科学知識をもとに原暦・地球・引力など八編にまとめたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

窮理通
きゅうりつう

自然科学書。理学者帆足万里(ほあしばんり)の著。全8巻。1810年(文化7)ごろ初稿を完成、しかし誤謬(ごびゅう)ありとして自ら破棄、35年(天保6)新たに執筆に入り、翌年いちおう完成するが満足せず、42年ごろも執筆を続けた。結局生前には公刊されず、没後、56年(安政3)に一部公刊された。
 内容は、原暦(暦法)、大界(恒星、銀河)、小界(太陽系)、地球、引力(光学、力学など)、大気(気体)、発気(気象)、諸生(動植物、生物など)からなる。オランダ語科学書の紹介にとどまらず、批判も加え独自の見解も示している。そこには近代的な科学思想、科学批判の姿勢がみられる。[菊池俊彦]
『帆足図南次著『帆足万里』(1966・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

窮理通の関連キーワード蘭学

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android