コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押しずし おしずし

1件 の用語解説(押しずしの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

押しずし
おしずし

箱にすし飯を詰め、その上に具を置き、圧力を加えてつくるすし。大阪ずしはその代表的なもの。古くからある馴(な)れずしも、自然発酵を早めるために重石(おもし)をしたり、縄で縛ったりして押しをかけたから、押しずしの一種ともいえる。今日押しずしというと大阪ずしの別名のようになっているが、箱ずしの名がこの種のすしの総称である。箱ずしは押すのが目的であり、発酵はさせない。これらのすしは関西に多く、天明(てんめい)(1781~89)ころには京坂地方では温鮨(あたためずし)がつくられていた。熱い飯ですしをつくり、箱に入れ、押しをしてふとんに包み、熱からず冷たからず、すなわち温かい状態にしておくのである。現在は蒸しずしの形として存在している。黄身(きみ)ずしは、ゆで卵の黄身をばらばらにしてすし飯に混ぜ、押したすし。兵庫ずしは、ハモの身に飯を混ぜ、箱に入れ、上に塩ゆでのタコの足を小口切りにしたもの、キクラゲのせん切り、アオザンショウなどを置き、押してつくる。こけらずしは、箱にすし飯を入れ、シイタケ、キクラゲ、ミツバ、薄焼き卵、魚肉などを置き、何段か同じものを重ね、押してつくる。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の押しずしの言及

【酢】より

…漬物用としては奈良時代にトウガンやアオナ(カブナ)の酢漬,ナスの酢かす漬の名を見ることができる。近世以後の新しい利用法としては,米飯に酢を加えて酢飯とする調理法の開発が重要で,これによって押しずし,握りずしといった美味な米飯料理が誕生した。 酢は,調味に使う場合はほとんど二杯酢,三杯酢,カラシ酢,ゴマ酢その他の合せ酢として用いられる。…

【すし(鮓∥鮨)】より

…《料理塩梅集》(1668),《合類日用料理抄》(1689),《本朝食鑑》(1697)などからそれが見られるようになり,元禄(1688‐1704)ころには一般化していたと思われる。こうして,酢飯を箱に詰め,その上にすし種の魚貝をのせ,落しぶたをして上からおもしをかけて数時間押すという箱ずし(押しずし)が考案された。箱ずしは,でき上がったものに包丁を入れてひと口大に切ったので切りずしともいい,関西では柿(こけら)ずしという。…

※「押しずし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

押しずしの関連情報