押し出づ(読み)オシイズ

デジタル大辞泉の解説

おし‐い・ず〔‐いづ〕【押し出づ】

[動ダ下二]
押して外へ出す。押し出す。
「心安くも対面し給はぬを、これかれ―・でたり」〈東屋
出衣(いだしぎぬ)をする。押し出(い)だす。
「あまた小半蔀(こはじとみ)の御簾(みす)よりも―・でたるほど」〈・二三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おしいず【押し出づ】

( 動下二 )
おしだす」に同じ。 「心安くしも対面し給はぬを、これかれ-・でたり/源氏 東屋
「押し出だし衣ぎぬ」をする。 「あまた小半蔀はじとみの御簾みすよりも-・でたる程/枕草子 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android