コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出衣 イダシギヌ

デジタル大辞泉の解説

いだし‐ぎぬ【衣】

直衣(のうし)または衣冠姿で、美しく仕立てた内着の衵(あこめ)の裾先を袍(ほう)襴(らん)の下からのぞかせること。出衵(いだしあこめ)。出袿(いだしうちき)。出褄(いだしづま)。
寝殿牛車の簾(すだれ)の下から、女房装束の袖や裾先を出すこと。うちいでのきぬ。うちだし。

だし‐ぎぬ【出衣】

いだしぎぬ」に同じ。
「下簾(したすだれ)より―出して」〈太平記・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いだしぎぬ【出衣】

下着の衵あこめや袿うちきの裾をのぞかせて着ること。古くは指貫さしぬきの裾から、のちには直衣のうしや狩衣の前裾からのぞかせた。出褄いだしづま。出衵いだしあこめ。出袿いだしうちき
牛車ぎつしやの下簾したすだれや御簾みすの下から女房装束の袖口や裳の裾などを出すこと。また、その衣。うちいでのきぬ。おしいだしぎぬ。 「下簾より-をいだして女房車の体に見せ/太平記 2

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の出衣の言及

【衣】より

…このように平安末期ころから直衣や狩衣の下着を〈きぬ〉といってきたが,その色には束帯の衵のように紅だけとは限らず,薄色,萌黄(もえぎ),蘇芳(すおう),紅梅,女郎花(おみなえし)などがあり,白は老年者や平生衣に用いられ,地質も綾,浮織物,唐織物などいろいろなものが用いられた。 なお直衣のときには,この衣を指貫(さしぬき)の上に着て,その褄(つま)を直衣下から出す着方があり,これを出衣(いだしぎぬ)といった。この方法はまた衣冠のときにも行われ,出袿(いだしうちぎ),出衵(いだしあこめ)ともいった。…

※「出衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出衣の関連キーワード押し出だし衣打ち出での衣押し出だす打ち出だす乗り溢る打ち出づ押し出づ打ち出で出し衣打出し直衣出車

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出衣の関連情報