コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)回し オシマワシ

デジタル大辞泉の解説

おし‐まわし〔‐まはし〕【押(し)回し】

物事をあれこれ処理すること。また、顔がきくこと。「押し回しが利く」
和船で、舷側上部の垣立(かきたつ)を艫(とも)やぐらの末端まで連続して作る構造のもの。
江戸時代千石積み以上の運送船。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例