瀬戸内(読み)セトウチ

デジタル大辞泉の解説

せとうち【瀬戸内】[地名]

瀬戸内海およびその沿岸地域の称。
岡山県南東部にある市。北部の長船(おさふね)は中世に刀鍛冶(かたなかじ)で栄え、備前最大の都市だった。平成16年(2004)11月に牛窓町、邑久(おく)町、長船町が合併して成立。人口3.8万(2010)。

せとうち【瀬戸内】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「瀬戸内」姓の人物
瀬戸内寂聴(せとうちじゃくちょう)
瀬戸内晴美(せとうちはるみ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せとうち【瀬戸内】

瀬戸内海。また、その沿岸地方の称。
岡山県南東部の市。瀬戸内海に面する牛窓は古くから開けた港町。名刀の長船物で知られ、備前長船博物館がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の瀬戸内の言及

【大島海峡】より

…鹿児島県南部,奄美大島本島とその南西部にある加計呂麻島との間にある長さ約20km,幅約2kmの海峡。瀬戸内とも呼ばれる。沿岸は山が海峡に迫り,屈曲に富むリアス海岸で風光に優れ,奄美群島国定公園の中心部となっている。…

※「瀬戸内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瀬戸内の関連情報