コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拖雷 トゥルイ

大辞林 第三版の解説

トゥルイ【拖雷】

1192?~1232) チンギス-ハンの末子。父に従って西征。父の死後、モンゴル本土の大半を相続したが、兄のオゴタイを汗位につけた。モンケ・フビライの父。元朝は睿宗えいそうの廟号びようごうを贈った。ツルイ。 〔「 拖雷」とも書く〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

拖雷の関連キーワードオグル・ガイミシュ(斡兀立海迷失)ボロフル(孛羅惣勒)フビライ・ハンモンケ(蒙哥)グユク(貴由)ハダン(哈丹)チンギス元朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android