拖雷(読み)トゥルイ

大辞林 第三版の解説

トゥルイ【拖雷】

1192?~1232) チンギス-ハンの末子。父に従って西征。父の死後、モンゴル本土の大半を相続したが、兄のオゴタイを汗位につけた。モンケ・フビライの父。元朝は睿宗えいそうの廟号びようごうを贈った。ツルイ。 〔「 拖雷」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android