拝領町屋敷(読み)はいりょうまちやしき

世界大百科事典 第2版の解説

はいりょうまちやしき【拝領町屋敷】

江戸で,御家人など下級の幕臣に与えられた拝領屋敷内に長屋を建て,町方の者を居住させ,賃貸料を取ることを認められたもの。幕府の具足同心,黒鍬方,小人方,納戸同心伊賀者,掃除者といった下級幕臣が組単位で一括して与えられた拝領地に,町家作をしたいとの願い出が多くなったのは寛文~元禄期(1661‐1704)であった。これら下級幕臣に与えられる扶持米では生活を維持できないため,幕府は拝領地の町屋敷化を認めざるをえなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の拝領町屋敷の言及

【七分積金】より

…貸付け対象の多くは広範な中小地主層で,低利の家質貸付けとして広く利用された。また注目されるのは,幕府御家人らが江戸市中に持つ拝領町屋敷の地代店賃上り高を担保として,この貸付けを利用できたことである。御家人らの拝領地主層は,わずかな切米のほかに,江戸の場末町を中心として各所に小規模の町屋敷をあたかも知行地のように拝領し,そこに多数の地借や店借(たながり)を住まわせ,地代,店賃の上りを有力な収入源としていた。…

※「拝領町屋敷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android