コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持分プーリング法 もちぶんぷーりんぐほう

2件 の用語解説(持分プーリング法の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

持分プーリング法

合併・株式交換など企業結合を行った際の会計処理の一つ。「持分の結合」という形で企業結合した場合はこの「持分プーリング法」が適用される。持分プーリング法とは、企業結合当事者の全ての企業の資産、負債、資本をそおれぞれの適正な帳簿価格で引き継ぐ方法。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

持分プーリング法

企業結合に係る会計処理基準の考え方のひとつ。買収対象企業の資産・負債を帳簿価額のまま引き継いで計上する方法。のれんの償却の必要がないというメリットがあるが、米国では新会計基準により持分プーリング法は廃止された。国際会計基準審議会 (IASB) においてもパーチェス法に一元化する方向を打ち出している。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

持分プーリング法の関連キーワードパーチェス法企業結合取得FASB欠陥食品処理基準企業結合会計売買処理法持分の結合簿価引継法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone