コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院家行 じみょういん いえゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

持明院家行 じみょういん-いえゆき

1175-1226 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
安元元年生まれ。持明院基宗の次男。備後守(びんごのかみ),淡路(あわじの)守,左近衛(さこんえの)中将などを歴任し,建保(けんぽ)6年従三位,承久(じょうきゅう)3年参議,嘉禄(かろく)元年権(ごんの)中納言となった。正三位。嘉禄2年2月17日死去。52歳。初名は家能(いえよし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

持明院家行の関連キーワード別当典侍(1)持明院家定神仙門院藤原家能鎌倉時代藤原家行室町院覚任

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android