コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金戒光明寺 コンカイコウミョウジ

デジタル大辞泉の解説

こんかいこうみょう‐じ〔コンカイクワウミヤウ‐〕【金戒光明寺】

京都市左京区黒谷町にある黒谷浄土宗総本山山号紫雲山開創は安元元年(1175)、開山法然浄土宗四箇本山の一。室町期には公武尊崇を受けるが、応仁の乱後衰退。山越阿弥陀像および地獄極楽図屏風は重文。白河禅房。黒谷堂新黒谷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

金戒光明寺【こんかいこうみょうじ】

京都市左京区にある浄土宗の大本山。黒谷(くろたに)とも。法然(ほうねん)が信空(しんくう)に付与した白川本房の旧址といい,寺宝に法然真筆という一枚起証文を伝える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんかいこうみょうじ【金戒光明寺】

京都市左京区にある浄土宗の大本山。山号は紫雲山。新黒谷ともいう。法然が信空に付与した〈白川本房〉の旧址と伝える。5世恵顗(えぎ)のとき堂舎が整い光明寺と称し,8世運空が後光厳天皇円頓戒を授け,天皇から〈金戒〉の2字を賜ったという。室町時代になって清浄華院(しようじようけいん)の定玄が当寺の住職を兼ねて以来,相ついで清浄華院の住持が兼任または退隠しており,当寺はおのずと清浄華院の末寺の位置につくようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんかいこうみょうじ【金戒光明寺】

京都市左京区黒谷町にある黒谷浄土宗の大本山。山号は紫雲山。1175年、法然がこの地に草庵を結んだのが起こり。のち織田・豊臣・徳川の保護を受けて栄えた。黒谷堂。新黒谷。白河禅房。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金戒光明寺
こんかいこうみょうじ

京都市左京区黒谷(くろだに)町にある浄土宗の大本山。紫雲山(しうんざん)と号する。浄土宗祖源空(法然(ほうねん))が1175年(安元1)、叡山(えいざん)西塔の黒谷より念仏説法のためにここにきて、草庵(そうあん)を結んだのを始めとする。このためこの地は新黒谷とよばれ、当寺も黒谷と称される。5世恵(えぎ)のとき初めて仏堂や御影(みえい)堂が整えられ寺基がなった。開創の際の瑞相(ずいそう)により紫雲山光明寺と命名、8世運空が後光厳(ごこうごん)天皇の戒師を勤め、金戒の二字を賜って現寺号となった。堂舎はいくたびかの火災で焼失したが再建され、とくに源空の坐像を安置する御影堂は1944年(昭和19)に京大教授・博士天沼俊一の設計により新たに建設された。什宝(じゅうほう)に源空遺作の「一枚起請文(きしょうもん)」(鎌倉期書写)や、「山越阿弥陀(やまごしあみだ)図」および「地獄極楽図屏風(ごくらくずびょうぶ)」(鎌倉時代、以上2点は国重要文化財)などがある。墓域には春日局(かすがのつぼね)や山崎闇斎(あんさい)の墓、幕末に京都守護職の本陣が置かれた名残(なごり)を示す会津藩主松平公本陣旧趾(きゅうし)などがある。[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金戒光明寺の関連キーワード山越阿弥陀(やまごえのあみだ)京都府京都市左京区聖護院だいこん山越阿弥陀図一枚起請文千葉 良導獅子吼観定颯田 本真大鹿 愍成三宅尚斎藤村庸軒清和天皇澱看の席地獄変相狩野直喜覚誉上人大鹿愍成颯田諦真千葉良導庸軒流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金戒光明寺の関連情報