コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持節大将軍 ジセツタイショウグン

デジタル大辞泉の解説

じせつ‐たいしょうぐん〔ヂセツタイシヤウグン〕【持節大将軍】

古代、朝廷から節刀を与えられて、辺境反乱を鎮定するために派遣された軍団の総指揮官。鎮定する対象により、征隼人・征夷・征東などを冠してよばれた。持節大使。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

持節大将軍の関連キーワード隼人(古代の南部九州の居住民)奈良時代(年表)辛島代豆米藤原宇合征西将軍紀牟良自紀飯麻呂大野東人大伴旅人持節将軍笠御室

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android