コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節刀 セットウ

3件 の用語解説(節刀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せっ‐とう〔‐タウ〕【節刀】

天皇から出征の将軍や遣唐使に下賜され、任命のしるしとした太刀。せちとう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せっとう【節刀】

古代において将軍の出征に際し天皇より賜る刀をいう。軍防令に〈凡(およ)そ大将,征に出でなば皆節刀を授けよ〉とあり,その義解に〈凡そ節は髦牛(ぼうぎゆう)(長毛の牛)の尾を以て為(つく)る。今劔を以て代う。故に節刀と曰う〉とあるように,将軍が天皇から征討に関する全権を委任された節(しるし)の刀のこと。将軍に准じて遣唐大使など遣外使節に授けられたこともあるが,いずれの場合も,使者が部下に対する生殺与奪の権を授けられたしるしであり,将軍・大使らの,部下に対する処分は事後報告で済まされるものとされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せっとう【節刀】

古代、出征の将軍または遣唐使の長官に天皇が下賜し、全権を委任するしるしとした刀。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

節刀の関連情報