コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節刀 セットウ

世界大百科事典 第2版の解説

せっとう【節刀】

古代において将軍の出征に際し天皇より賜る刀をいう。軍防令に〈凡(およ)そ大将,征に出でなば皆節刀を授けよ〉とあり,その義解に〈凡そ節は髦牛(ぼうぎゆう)(長毛の牛)の尾を以て為(つく)る。今劔を以て代う。故に節刀と曰う〉とあるように,将軍が天皇から征討に関する全権を委任された節(しるし)の刀のこと。将軍に准じて遣唐大使など遣外使節に授けられたこともあるが,いずれの場合も,使者が部下に対する生殺与奪の権を授けられたしるしであり,将軍・大使らの,部下に対する処分は事後報告で済まされるものとされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せっとう【節刀】

古代、出征の将軍または遣唐使の長官に天皇が下賜し、全権を委任するしるしとした刀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

節刀の関連キーワード坂上田村麻呂大伴弟麻呂大伴古麻呂持節大将軍多治比県守持節将軍島津忠寛男山行幸標の太刀御坂山地温明殿古代持節長官

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android