持続可能な発展のための世界経済人会議(読み)ジゾクカノウナハッテンノタメノセカイケイザイジンカイギ

デジタル大辞泉の解説

じぞくかのうなはってんのための‐せかいけいざいじんかいぎ〔ヂゾクカノウなハツテンのためのセカイケイザイジンクワイギ〕【持続可能な発展のための世界経済人会議】

ダブリュー‐ビー‐シー‐エス‐ディー(WBCSD)

ダブリュー‐ビー‐シー‐エス‐ディー【WBCSD】[World Business Council for Sustainable Development]

World Business Council for Sustainable Development》持続可能な発展を目指す企業で構成される連合体。世界的な視点から、経済成長・環境保全・社会開発に関する調査・提言を行う。1995年発足。35か国から約200社が参加。本部はジュネーブ。持続可能な発展のための世界経済人会議。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android